予防接種の大切さ

>

予防接種にもメリットとデメリットはある

メリットはこれだ

まず最初は、メリットの面を見ていきましょう。

予防接種のメリットと聞いて、真っ先に思い浮かぶのはやはり病気にかからないということが挙げられます。
そもそもそのために予防接種を受けるわけですしね。

そしてもし仮に感染したり発症してしまっても、そこまでにはなりません。
例えば、本来は寝込むほどの高熱に苦しむくらいの病気になってしまっても、予防接種をしていると微熱程度で済んだというケースが多々あります。
また、病気によっては後遺症が残ってしまうくらいたちが悪いものも存在していますが、予防接種のおかげでそこまでにならなくて済むということもあり得ます。
つまり、病気になってしまっても予防接種のおかげでそんなに重い症状にはならないというわけです。

こんなデメリットがある

ではその逆のデメリットとは何があるのでしょうか。

予防接種のデメリットと聞いて、経験者や専門家が口をそろえて話す症状があります。

それは、副作用が結構強く出てしまうということです。
とするとその副作用とは、どんなものが挙げられるのでしょうか。
軽いものから挙げていくと、予防接種を打った箇所が大きく腫れたり強烈な眠気、そして発熱などがあります。
そして、じんましんやぜんそく、呼吸困難などの下手すると命にかかわるものも出て来たりします。
これらの症状は、早くて数時間後遅くても数日以内には発症してきます。

ただし、副作用はあくまでもまれなケースであり、その人の体調や体質も関係していきます。
なので、全員が全員に起こるというわけではありませんので、ご安心ください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る