予防接種の大切さ

>

予防接種は何のためにあるのか

定期的に受けるもの

一般的に予防接種というものは、大きく分けて二種類あります。

その一つが、定期接種というものです。
これは、各市区町村が集団予防を目的として行っているもので、学校や幼稚園で行っているのもこの種類に分類されます。
なので、このコラムを読まれている方も、一度は受けたことがあると思います。
ちなみに費用についてですが、一部自己負担の予防接種もありますが、各市区町村が行っているということでほとんどが公費で賄われています。

では、肝心の種類はどんなものがあるのでしょうか。
それは、B型肝炎や百日ぜき、水ぼうそうや子宮頸がん、そして結核などがあります。
恐らく、このラインナップは誰もが幼いころや大人になってから一度は受けたことがある予防接種に名前が挙がるだろうと思います。

自分の意思で受ける

いわゆる予防接種には、もう一つ種類が存在しています。

それは、任意接種というものです。
これは、先ほどの定期接種とは逆で、予防接種を受ける受けないに関しては個人の自由であり、費用も自己負担です。

その任意接種にあたる予防接種の種類は何があるのでしょうか。
具体的な種類を挙げると、インフルエンザやおたふく風邪、そして感染性胃腸炎(俗に言うお腹の風邪です)などがあります。
こうして見てみると、定期接種のはいつ流行るかわからないかつ流行ると大変なことになる病気を予防にしているのに対し、任意接種の種類にはいわゆる定期的に流行する病気や流感を予防するためにするものなのがわかりますね。
また、大人や子どもなどは関係なく受けることが可能なものだということですね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る