予防接種の大切さ

見直したい!予防接種の必要性

予防接種にはどんな種類があるのか

幼いころに病院や学校で注射を受けたという経験をお持ちの方はたくさんおありでしょう。
怖かったり泣き出したりと、正直あまりいい思い出ではなかったという方が多いと思います。
その注射の大半の内容は、実はありとあらゆる種類の予防接種だったというのはご存知でしょうか。

その予防接種ですが、大人になってからもなかなか切っても切れないものなんですよね。
ご自分だけの場合は、インフルエンザなどの流行性の病気を予防するものや海外旅行に向けて予防接種を受けなくてはいけないという事態が出てくることがあります。
子どもさんをお持ちの方はその子が産まれてから物心付くまでに受ける予防接種も把握しないといけません。

ですが、こんな疑問を抱いているという方も少なくはありません。
それは「予防接種って必ず受けないといけないものなの?」とか「小さいころに親に連れられていろんな予防接種を受けたけど、結局何の意味があったのかわからない」という内容です。
中には、「予防接種を受けていても病気になったという話を聞いたことがある」という方も出てきています。

そんな意見を聞いたり持っている方は、「予防接種とは絶対に必要なものなのか」という予防接種に対する目を持っていることが多いです。

そこで今回このコラムでは、予防接種でさまざまな病気を防げる確率や予防接種のメリットやデメリットなどについてお書きしたいと思います。

また、予防接種の大まかな種類などのやや初歩的な内容も取り上げていこうと思います。

TOPへ戻る